スポンサードリンク
スポンサードリンク

鎌倉の歴史

そもそも鎌倉といって真っ先に思い出されるのが、「いいくに作ろう鎌倉幕府」という覚え方で有名な1192年に開府された鎌倉幕府と、その鎌倉幕府の初代征夷大将軍である源頼朝でしょう。鎌倉は源頼朝の出身地ではないのですが、なぜ鎌倉に幕府を開いたかというと、その天然の要害ともいえる地形に理由があったようです。南面は海に向かって開いているものの、東西および北方向は山に囲まれており、人が通行するために切り開かれた鎌倉七口と呼ばれる切通しを通らなければ侵入することが困難だったため、大変に守りやすい土地であったようです。
このように鎌倉には古くの都が建設されていた関係から、その当時の都市計画に基づいた道の名前などが残り、また古い寺社なども多く残されています。そういった意味で、鎌倉で旅館に泊まりながら、古い由緒正しい寺社の観光めぐりを行うという楽しみ方も多いようです。

鎌倉周辺ハイキング

また、山が多いので、鎌倉の周辺でのハイキングやトレッキングといったこともけっこう盛んに行われています。神奈川県という首都圏からの交通の便もよいところなので、年配の方などでも比較的気軽に来られるのが人気のようですが、先ほど説明したとおり、もともと天然の要害と言われるほど厳しい起伏にとんだ土地ですから、ちょっとハイキングコースから外れると、かなり体力を要求されるような道も多く、十分な装備と知識を身につけた上でトライしてもらいたいものです。
天園ハイキングコースは、鎌倉に数コースあるハイキングコースで最長、一番人気が高いようです。「かながわの景勝50選」にも選ばれており、富士山、江ノ島、みなとみらい等が望めます。

鎌倉は旅館の料金が安い

ところで、この鎌倉は旅館の料金が安いことでも知られています。数が多いからこその価格競争だとは思うのですが、それにしても安い。というのも、鎌倉にはビジネス旅館とか、民宿を少し大きな規模にしたような旅館というのが多く、特に湘南海岸などでサーフィンを楽しみたいサーファーに需要があるからです。
このような格安の鎌倉旅館に引っ張られるように、通常の大きな旅館やホテルなども価格を下げており、5000円程度でも、泊まるのには支障のないような旅館が多くありますし、10000円も出せば、鎌倉の旅館としてはかなり大きな旅館に泊まれるということになります。
さて、そんな鎌倉の旅館の中でも、江ノ島の海をまじかに見ることのできる展望のよさと、交通アクセスの便利のよさなどから人気のある鎌倉旅館のひとつがKKR江ノ島ニュー向洋です。けっこう料理もおいしく、小奇麗な感じの鎌倉旅館ですよ。

鎌倉の旅館